【メイクデビュー】(中京6R)~ディーパワンサが馬群を割いて抜け出す [News]
2016/07/03(日) 14:29
中京6Rのメイクデビュー中京(芝1400m)は1番人気ディーパワンサ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ドロウアカード、さらに半馬身差の3着に5番人気モンローが入った。

ディーパワンサは栗東・松下武士厩舎の2歳牝馬で、父ディープブリランテ、母ポロンナルワ(母の父Rahy)。

~レース後のコメント~
1着 ディーパワンサ(川田将雅騎手)
「調教にも騎乗しましたが、レースでは期待通りの走りでした。穏やかな性格で、前半は予想していた通り、あまり進んで行きませんでしたが、直線はしっかりと反応してくれました」

2着 ドロウアカード(C.ルメール騎手)
「とても乗りやすい馬です。ただ、まだ馬が若く、物見をして走っていました。距離はマイルぐらいがいいかもしれません。直線はよく頑張って走ってくれました」

3着 モンロー(秋山真一郎騎手)
「とても素直な馬です。今日やろうとしたことは全て出来ました。性格のいい馬で次はまだ良くなりそうです」

4着 ベルカプリ(幸英明騎手)
「ゲートの出が速く、2番手からレースを進めることが出来ました。ただ、コーナーで外に逃げるロスがありました。今日の課題はそこだけです」

5着 リネンロマン(松若風馬騎手)
「まだトモの甘いところのある馬ですが、それを考えると直線でよく伸びています。しっかりしてくれば、ギアがもう一つ上がりそうです」

8着 マルカソレイユ(M.デムーロ騎手)
「まだ初戦ですし、周囲を気にしながら走っていました。コーナーでもたれるところがありました」