【グリーンステークス】(阪神)~プレストウィックが差し切り5勝目挙げる [News]
2016/06/25(土) 17:12
阪神11Rのグリーンステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝2400m)は5番人気プレストウィック(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分28秒2(重)。3/4馬身差の2着に9番人気トルークマクト、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気スズカルパンが入った。

プレストウィックは美浦・武藤善則厩舎の5歳牡馬で、父ダイワメジャー、母フーラクサ(母の父Linamix)。通算成績は25戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 プレストウィック(C・ルメール騎手)
「とてもリラックスしていました。距離、馬場はちょうど良かったです。大きい馬ですが、いい走りをします。前走の東京でも良い瞬発力を見せていました。ポテンシャルがあります」

2着 トルークマクト(川田将雅騎手)
「この馬場のおかげで、いろいろと上手くいきました。良く頑張ってくれました」

3着 スズカルパン(和田竜二騎手)
「勝ったと思いましたが、最後は止まってしまいました。こなせないことはないと思いますが、今日の馬場の影響があったのでしょうか」

5着 プロレタリアト(杉原誠人騎手)
「力をつけて、脚を使うようになっています。良く頑張っています」

6着 ラブラドライト(中谷雄太騎手)
「速い脚を使う感じがないので、早め早めの競馬を心がけました。ペースがゆっくりだったので、向正面でまくっていって、いい形になりました。しかし、もっと早くいっても良かったかもしれません」

7着 キングストーン(福永祐一騎手)
「走りにくそうにしていて、最後は伸び切れませんでした。上手に立ち回ったのですが」

14着 グランアルマダ(酒井学騎手)
「着順を見て分かるとおりムラがあります。ガツンと来るものがありませんでした」