【メイクデビュー】(阪神5R)~キャスパリーグが差し切り勝ち [News]
2016/06/11(土) 14:05
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1400m)は2番人気キャスパリーグ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒9(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気アダムバローズ、さらにアタマ差の3着に3番人気ムテキングスが入った。

キャスパリーグは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母レジェンドキャット(母の父Storm Cat)。

~レース後のコメント~
1着 キャスパリーグ(藤岡佑介騎手)
「頭のいい馬です。追ってからもしっかりしていましたし、将来が有望な血統背景もあります。距離は1~2ハロン延びても問題ありません。今後も楽しみです」

2着 アダムバローズ(浜中俊騎手)
「上手い競馬をしてくれました。しかし、まだ緩いところがあるので、その辺りがしっかりしてくれば、さらに走れるでしょう」

4着 スズカブラック(国分優作騎手)
「スタートで少し遅れる、怖がってしまうところがあるということでしたが、ゲートを出てくれました。しぶとくいい脚を使えています。一回使ってさらに良くなるタイプだと思います。競馬は上手です」

5着 サツキユニヴァース(川島信二騎手)
「ゲート試験の時は出るのが遅かったので、返し馬の時に馬を見せれば出るかなと思いましたが、進んでくれませんでした。最後はステッキにも応えてしっかりと脚を使ってくれました。伸びしろも十分だと思います」

7着 ジャスティンラヴ(福永祐一騎手)
「ハミを取ったり取らなかったりと、気性的に幼いところがあります。乗った感触はいい馬でした。距離はもう少し長くてもいいと思います。今日は戸惑いながら走っていました。慣れてくれば変わる要素はあるでしょう」