【白百合S】(京都)~ブラックスピネルが追い比べを制する [News]
2016/05/28(土) 16:23
京都10Rの白百合ステークス(3歳オープン・芝1800m)は3番人気ブラックスピネル(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。クビ差の2着に2番人気メートルダール、さらにクビ差の3着に7番人気ノーブルマーズが入った。

ブラックスピネルは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父タニノギムレット、母モルガナイト(母の父アグネスデジタル)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックスピネル(武豊騎手)
「今日は折り合いもついてラストまでしっかり脚を使っています。京都の1800mは合っていますね」

2着 メートルダール(福永祐一騎手)
「スタートが良く、いい位置からのレースが出来ました。差がわずかなだけに、悔しいレースですね。でも、この流れの中で好位からのレースができたことは大きな収穫です」

3着 ノーブルマーズ(高倉稜騎手)
「スタートして行ききって、道中は自分のペースで運べました。物見をしているので、あまり離しては逃げられませんからね。でも、この骨っぽいメンバー相手にこれだけ戦えたのは収穫です」

4着 ジョルジュサンク(川田将雅騎手)
「もう少し流れて欲しかったですね。でも仕方ありません。しっかりと自分の脚は使っています」

5着 シャドウアプローチ(浜中俊騎手)
「上がりの速いレースは向いていないですね。それから、距離は持たないことはありませんが、マイルぐらいが合っていそうです。全体的に幼いので、まだまだ上積みの余地がありそうです」

6着 マイネルラフレシア(丹内祐次騎手)
「もう少し伸びるかと思ったのですが......」

7着 ロイカバード(M.デムーロ騎手)
「スローだったので動いていきましたが、最後は止まってしまいました。スローな流れは不向きかもしれません」

9着 キンショーユキヒメ(松山弘平騎手)
「今日は道中の追走に手間取りました。能力的にはもっと走る馬です」