はたしてオバマ大統領は広島で何を語るのか?平和であればこそ競馬が楽しめるのです。 [実況アナ!]
2016/05/25(水) 15:53
 オークスが終わり、いよいよ今週は春競馬のクライマックスのダービーという今、4月の万馬券を振り返ります。4月に出た100万オーバーの大万馬券とWIN5の実況担当者は以下の通りです。

4月 2日(土)阪神・2レース   3連単507万9390円(実況担当・大関)
4月 9日(土)中山・NZランドT 3連単105万1270円(実況担当・大関)
4月10日(日)阪神・2レース   3連単137万6090円(実況担当・中野)
4月10日(日)阪神・3レース   3連単779万2640円(実況担当・中野)
4月17日(日)阪神・5レース   3連単144万1200円(実況担当・檜川)
4月17日(日)阪神・8レース   3連複262万1440円(実況担当・舩山)
4月23日(土)福島・3レース   3連単403万7420円(実況担当・山本直)
4月24日(日)京都・5レース   3連単124万4440円(実況担当・佐藤)
4月30日(土)京都・4レース   3連複165万3510円(実況担当・小塚)
4月30日(土)東京・春光S    3連単228万8820円(実況担当・中野)

★4月 3日(日) 大阪杯&ダービー卿CT
 中山  9R(6番人気)・10R(1番人気)・11R(5番人気) ...山本直也アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...大関アナ
<払戻金> 150万8530円 

★4月10日(日) 桜花賞
 中山 10R(7番人気)・11R(8番人気)          ...小塚アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(3番人気)          ...檜川アナ
 福島 11R(9番人気)                    ...小林アナ
<払戻金> 827万8660円 

★4月17日(日) 皐月賞
 中山 10R(2番人気)・11R(8番人気)          ...中野アナ
 阪神 10R(3番人気)・11R(2番人気)          ...舩山アナ
 福島 11R(9番人気)                    ...小林アナ
<払戻金> 2867万3950円 

★4月24日(日) マイラーズC&フローラS
 東京 10R(5番人気)・11R(3番人気)          ...小林アナ
 京都 10R(7番人気)・11R(3番人気)          ...山本直也アナ
 福島 11R(1番人気)                    ...山本直アナ
<払戻金> 539万4990円 

 まず、4月の月間MVPの発表です。MVPは中野アナに決まりました。中野アナは10日(日)に阪神で出た3連単779万2640円のレースを実況しました。なおかつこのレースでの単勝4万3390円はJRAの単勝の歴代8位となり、その点も評価されました。507万馬券のレースを実況した大関アナなどもMVPになっておかしくないのですが、残念ながら運がなかったと思って諦めるしかありません。中野アナは昨年のリーディング穴ウンサーですが、今年はさらにパワーがついたようで大万馬券を毎月実況しています。実況した皐月賞は8番人気の馬が勝ちましたし、今週のダービーはひょっとするとひょっとするかもしれません。要注意です。

 リーディング争いはかなり変化がありました。なんと山本直アナが一気にトップとなったのです。彼は3月終了時は7割3分7厘だったのですが、4月は多くの万馬券レースを実況し、7割9分1厘にまで打率を上げて首位に立ったのです。それまで打率8割台だった山本直也アナが7割8分8厘にまで打率を下げて2位となり、3位が7割8分6厘2毛の中野アナで、差のない4位が檜川アナとなっています。檜川アナは7割8分5厘7毛で、久しぶりに上位進出を果たしました。「一発屋」として、『ナニワの巨砲』と異名を取る檜川アナが、今後スタイルを変えてコンスタントに万馬券レースを実況するのか注目です。

 下位の顔ぶれに変化はありませんが、殿とブービーが入れ替わりました。7割3分6厘の舩山アナがブービーとなり、佐藤アナが7割1分7厘で殿となってしまいました。しかし、佐藤アナは先週873万、1189万というとてつもない大万馬券レースを実況していますので、パワーの衰えを心配する必要はなさそうです。

 さて、先週の日曜日、私は痛恨の極みでした。朝に京都のメイン、「伊勢志摩サミット2016開催記念」のメンバーを見て閃いたのです。気づかれた方もいらっしゃると思います。そう、サミットは「G7」ですよね。それで7番の馬名を見たら、『グランアルマダ』ではありませんか!「7番でGran Armada。7でG、そうだG7だ!この馬だ!!」と気づいたのでした。すぐに私は他のアナウンサーやスタッフに言いました。G7なんだからこの馬だよ、と。しかし、みんな静かに笑うばかりで取り合ってくれませんでした。

 そしてレースが近づき、私は後半のレース実況の担当でバタバタしていて馬券を買うのを忘れていました。なんと愚かな!オークスの出走馬の本馬場入場のアナウンスを終えると、すぐに京都のメインがスタートしました。そこで馬券を買うのを忘れていたことに気がつきました。マイティースコールの大逃げで場内が沸き、ゴールでは2頭が並んで入りました。ゴールの映像を見て、愕然としました。外の馬がわずかの差で出ていて、それが7番のグランアルマダだったからです。歯ぎしりしていると、スタッフのAさんが「グランアルマダが来ましたねぇ~。小林さんに言われて、騙されたと思って単勝だけ買っておきましたけど、11.9倍もついていて良かったですよ~」とニタニタしながら言いいました。私は引きつった顔で、「だろう!俺の言った通りG7だよ。競馬って簡単だよねぇ~」と返しました。辛かったです。すぐにオークスの実況となるので、自分の動揺を抑えることに必死でした。

 さぁ、ダービーです。アメリカの現職大統領が初めて広島を訪れる日の2日後に行われるダービーです。私は出走メンバーにサクラプレジデントやリンカーンの産駒がいないか確かめましたが、いませんでした。ならば「オバマ」でしょう。スマート『オ』ーディンに、『マ』はたくさんいますがマカヒキ、ディーマジェスティ、マウントロブソンあたりでしょう。そして、『バ』は、ロイカバード!えっ、除外!?出られないの?う~ん、ダメかぁ...。