【新緑賞】(東京)~カフジプリンスが直線抜け出す [News]
2016/04/23(土) 15:55
東京9Rの新緑賞(3歳500万下・芝2300m)は2番人気カフジプリンス(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分20秒3(良)。1馬身半差の2着に1番人気ラヴィエベール、さらに1馬身1/4差の3着に12番人気フレンドミラクルが入った。

カフジプリンスは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母ギンザフローラル(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は12戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 カフジプリンス(石橋脩騎手)
「いい枠を引けたので、ゲートに気をつけて乗りました。理想のポジションがとれて、いい形でレースを進められました。前が開いたところでステッキを入れるとすぐに反応しました。力があると思います。折り合いにも問題ありませんし、乗りやすい馬です」

2着 ラヴィエベール(内田博幸騎手)
「前を射程圏に入れて進みましたが、他の騎手も抑えこんでいましたし、勝負どころで外を回りたくなかったので、自分から動いていきました。最後は内から差されてしまいましたが、結果的に早めに動きすぎたかもしれません」

3着 フレンドミラクル(吉田豊騎手)
「状態がよさそうで、道中も力むことなく走り、ジッとしていました。最後は間に入っていって3着まで来てくれました」

4着 ステイブラビッシモ(T.ベリー騎手)
「道中の手応えもよく、いい競馬はできましたが、今日は相手が強かったです」

8着 ラグルーラ(C.ルメール騎手)
「距離が長すぎると思います。2000mまでですね。少しかかり気味に走っていました」