【千種川特別】(阪神)~テイエムゲッタドンがゴール前で抜け出す [News]
2016/04/17(日) 15:31
阪神9Rの千種川特別(4歳以上1000万下ハンデ、芝1200m)は3番人気テイエムゲッタドン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒1(稍重)。1馬身1/4差2着に10番人気グランシェリー、さらに2馬身差で3着に4番人気ブラッククローバーが入った。

テイエムゲッタドンは栗東・山内研二厩舎の5歳牡馬で、父テイエムオペラオー、母テイエムジャンヌ(母の父タイキシャトル)。通算成績は24戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムゲッタドン(松山騎手)
「前の馬が離して逃げてくれましたから、競馬がしやすく、いいポジションを進むことが出来て直線もスムースでした。最後もしぶとく、力のあるところを示すことが出来ました」

2着 グランシェリー(鮫島克駿騎手)
「スピードの違いで無理なくハナに立って楽なペースで走らせることが出来ました。4コーナーから後続を離して行って、最後こそつかまりましたが、差のないレースが出来ました。今日のようなレースが出来ればこれからも楽しみです」

4着 アドマイヤサブリナ(川島騎手)
「指示通り、前に壁を作ってレースをしました。しかし、馬の状態が良くなると折り合いが難しくなります。流れや展開が違えばまた変わると思います」