【桜花賞】(阪神)~ジュエラーが鮮やかに差し切る [News]
2016/04/10(日) 17:06
阪神11Rの桜花賞(3歳GⅠ・牝馬・芝1600m)は3番人気ジュエラー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒4(良)。ハナ差の2着に2番人気シンハライト、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気アットザシーサイドが入った。

ジュエラーは栗東・藤岡健一厩舎の3歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母バルドウィナ(母の父Pistolet Bleu)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジュエラー(M.デムーロ騎手)
「すごくいい馬です。緊張していましたが、勝ちたかったのでよかったです。しかし、最後は負けたかと思いました。初めて乗ったときは引っかかるところがありましたが、今日は落ち着いていました。直線ではすごく伸びました。池添騎手の馬も負けないくらい強かったです。メジャーエンブレムも強かったですが、ほとんど見えませんでした。ヴィクトワールピサの仔で勝てて嬉しいです。賢く、瞬発力があります。今日はいちばん下の娘の誕生日なので、勝ててよかったです」

(藤岡健一調教師)
「ものすごくうれしいですし、やっとという思いです。力はあると信じていましたが、なかなか勝てなかったので、本当に勝てるのかという気持ちもありましたから、勝ててよかったです。うまくゲートを出てくれればと思っていましたが、位置取りは想定より後ろでした。ですから、流れだけが気がかりでした。すごい脚を使うことはわかっていましたし、ミルコもしっかり乗ってくれて、馬もそれに応えてくれました。写真判定の結果が出るまで、正直ドキドキしていましたが、オーナー、牧場にやっと恩返しができました。馬体も長距離対応ですし、当初から長距離も大丈夫と思っていました。このあとはオークス、秋華賞と名牝への道を歩んでいけるように頑張っていくつもりです」

2着 シンハライト(池添謙一騎手)
「スタートも出て、いい位置をとれました。流れに乗れて、理想的な形でレースを進められました。ただ、先頭に立つのが少し早く、それだけが誤算でした。悔しいです」

3着 アットザシーサイド(福永祐一騎手)
「想定していた流れにならず、スローの団子の中、シンハライトを見て、決めうちをしました。最後はよく伸びていますし、力のあるところは見せてくれました」

4着 メジャーエンブレム(C.ルメール騎手)
「今日もスタートはあまり速くなく、5~6番手からの競馬になりました。スペースができたとき、少し脚を使いましたが、基本同じペースで走る馬で、今日は展開が向きませんでした」

5着 アドマイヤリード(藤岡康太騎手)
「リズム重視で、終いにかける指示がありました。追い出してから、すごくいい脚を使ってくれましたが、勝った馬が強かったです」

8着 ブランボヌール(三浦皇成騎手)
「中団くらいで流れに乗って、折り合いもスムーズでした。直線は脚を使ってくれましたが、残り100mで止まってしまいました。もう一段、よくなりそうな雰囲気です」

9着 ビービーバーレル(石橋脩騎手)
「自分のラップを刻む競馬ができればと思っていましたが、ゲートを出てからスピードに乗るまで時間がかかり、速い馬に行かれてしまいました」

10着 デンコウアンジュ(川田将雅騎手)
「直線入り口で前があいたので、そこへ入ったのですが、その後まったく開きませんでした」

12着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「枠が枠だったので、腹をくくって乗りました。今日は力負けです」

17着 ソルヴェイグ(蛯名正義騎手)
「いい感じでいけたのですが、押し込められてしまい、まったく追えず、競馬ができませんでした」