【デイジー賞】(中山)~キンショーユキヒメが3馬身半差で快勝 [News]
2016/04/10(日) 15:59
中山9Rのデイジー賞(3歳500万下・牝馬・芝1800m)は2番人気キンショーユキヒメ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒7(良)。3馬身半差の2着に3番人気カマクラ、さらにアタマ差の3着に5番人気サクレディーヴァが入った。

キンショーユキヒメは栗東・中村均厩舎の3歳牝馬で、父メイショウサムソン、母アップルティー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 キンショーユキヒメ(内田博幸騎手)
「好スタートを切って、スッとスピードに乗って行けました。ビュッと切れるというタイプではないので早めの競馬を心がけましたがうまくいきました。この先も楽しみですね」

(中村均調教師)
「牡馬相手に戦ったりして、鍛えてきた成果が出てきました。1800mでも短いと思うくらいでしたし、何とかオークスに出したいですね。このあとは賞金の状況を見て、トライアルに使うか、オークス一本に絞るか考えようと思います」

2着 カマクラ(藤岡佑介騎手)
「コントロールの利くいい馬ですね。ちょっと1コーナーでごちゃついた時にはじき出されて、一列下げる形になった事が響きましたが、最後はよく伸びています。着差ほどの力の差はないと思います」

7着 シャララ(田辺裕信騎手)
「よく粘っていましたし、早めに来られなければもう少しやれたはずです」