【大阪杯】美浦レポート~ヌーヴォレコルト [News]
2016/03/30(水) 15:59
4月3日(日)に阪神競馬場で行われる産経大阪杯(GII)に出走予定のヌーヴォレコルト(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)について、斎藤誠調教師の追い切り後のコメントは以下のとおり。

「(前走は)2着続きで香港へ向かったわけですが、体調は万全で行けまして、輸送もうまく行って、検疫中もすごく順調に行ってて、楽しみにしてたんですけれども、日本の馬に逃げ切られてしまって、ちょっと残念でしたけれども、追い込みの脚はすごいものを見せてもらえたので、新しい面を見られた一戦だったと思います。日本国内でも輸送は苦にしませんし、休み明けも苦にしませんし、私自身、この馬を女の子とは思っていませんので、牡馬とも力を張り合えると思っていたのですが、いいパフォーマンスを見せてくれてよかったと思います」

「海外から帰ってくると検疫があるのですが、競馬学校の検疫中に香港の疲れが取れまして、すぐにでも競馬を使える状態だったのですが、山元トレセンに放牧へ出して、ここを目標にやってきました。先週は岩田くんに終いの反応だけ確かめてもらいました。身体は増えているのですが、丸みを帯びてちょうどいいかな、と思ってたんですけれども、今日は岩田くんの感性で最終追い切りをやってもらいました。ウッドチップコースで最内を回って、速すぎるかな、というくらいの時計を出してくれました。最内を回ったことで時計は速いですけれども、その後の歩様など問題は無いですし、いい状態で、それでも体重を増やして出られると思いますので、調子はいいと思います」

「香港までの輸送はこの子に全く問題ないと思いますから、"海外遠征後"というのはよく聞くフレーズですけれども全くそのような考えはありません。全体の毛ヅヤもいいですし、牝馬は丸みを帯びると調子がいいという感じですので、いい状態だと思っています。2歳の頃からあまり増えてないんですけれども、身体は成長していますので、ここに来て充実期に入ったのか、体重も少しずつ増えてきていますので、牝馬にとってはいいと思います。やることをやって増えたのは、それだけ食べられているということで、身体は成長できていると思います」

「勝ち味に遅いこと、運がないことがウィークポイントかなと思ってますので、レースまで祈っておきたいと思います。遠征もお手の物ですし、輸送も全く問題ないですし、どこのコースでも力を出してくれる子なので、頭が下がる子ですけれども、力を出してくれるかな、と思うデキです」

「ハープスターやショウナンパンドラのように強い同期と戦えたことは強くなる要因のひとつでありましたから、一生懸命頑張ってほしいと思います。順調であれば、レース後は栗東へ入って、香港のクイーンエリザベス2世カップ(G1)を目指そうと思っております。シルバーコレクターですけれども、しっかり作ったつもりですので、みんなでゴールドを目指したいと思います。日頃の行いを良くして挑みたいと思います。一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:山本直)