【マーチS】(中山)~ショウナンアポロンが逃げ切って重賞初制覇 [News]
2016/03/27(日) 16:36
中山11Rの第23回マーチステークス(GIII、4歳以上、ハンデ、ダート1800m)は8番人気ショウナンアポロン(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒7(良)。3/4馬身差2着に1番人気バスタータイプ、さらに3/4馬身差で3着に2番人気ドコフクカゼが入った。

ショウナンアポロンは美浦・古賀史生厩舎の6歳牡馬で、父アドマイヤマックス、母メジロアルドラ(母の父アフリート)。通算成績は40戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウナンアポロン(松岡騎手)
「行く馬がいないと思ったので楽に行かせてもらいました。前に乗った時よりすごく力をつけています。返し馬の時に行けるかもと思いました。スローの逃げは前の馬に有利になるので、なるべく遅く行こうと思いました。今、力をつけている最中なので、これからもっと大きなレースに挑戦していけると思います」

2着 バスタータイプ(内田博騎手)
「頑張ってくれました。大したものです。しかし、疲れがたまっています。休ませれば良くなるでしょう」

3着 ドコフクカゼ(石川騎手)
「長くいい脚を使うタイプです。スローペースだったので自分で動けば良かったです」

4着 イッシンドウタイ(田辺騎手)
「ヨーイドンの競馬になりました。頑張っていますが、流れの感じが終いの脚とうまく噛み合いませんでした」

9着 モズライジン(中谷騎手)
「いつもよりいい位置を取りに行く競馬をしました。しかし、ペースが遅くなって上がりの競馬になるとこの馬の形ではないので、向正面で捲くって行けば良かったです」

11着 サンマルデューク(蛯名騎手)
「ゲートが遅くて無理でした。前を交わせませんでした」

12着 マイネルバウンス(柴田大騎手)
「ついて行くのがやっとでした。前走で頑張った反動があるのかもしれません。全然反応がありませんでした」