【六甲S】(阪神)~ダノンリバティが制す [News]
2016/03/27(日) 16:17
阪神11Rの六甲ステークス(4歳以上オープン、芝1600m)は2番人気ダノンリバティ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒1(良)。クビ差2着に5番人気テイエムイナズマ、さらにアタマ差で3着に3番人気ブラックムーンが入った。

ダノンリバティは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スカーレットベル(母の父エリシオ)。通算成績は15戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンリバティ(松若騎手)
「ペースが遅かったので直線の伸びはジワジワした感じでしたが、しぶとく脚を使ってくれました。追ってから頭が高くなるのが課題ですが、芝でもダートでも力を出してくれる馬です」

3着 ブラックムーン(松田騎手)
「本当によく伸びているのですが、あと一歩でした。今日のような脚をためるレースが合っています」

4着 ピークトラム(小牧騎手)
「押し出されて早めに先頭に立ちましたが、そこからよく頑張っています。内枠だったらもっと楽なレースが出来たでしょう。段々オープンでも通用するようになっていくと思います」

5着 ガリバルディ(シュタルケ騎手)
「強い差し馬というイメージで乗りました。今日はスローペースに惑わされてしまいました。それでも最後は伸びていますし、強い馬です」

6着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「今日は逃げないレースという指示でした。控えた分、終いの脚がしっかりしていました。レースの幅が広がってきていると思います」