【ミモザ賞】(中山)~パールコードが人気に応える [News]
2016/03/27(日) 15:04
中山9Rのミモザ賞(3歳500万下、牝馬限定、芝2000m)は1番人気パールコード(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒3(良)。1馬身1/4差2着に3番人気ジェラシー、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気シャクンタラーが入った。

パールコードは栗東・中内田充厩舎の3歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母マジックコード(母の父Lost Code)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 パールコード(内田博騎手)
「ついて行くと引っ掛かるので、馬の後ろでジッと我慢して行きましたが、直線外へ出したら馬が勝手にスッと出て行きました」

2着 ジェラシー(田辺騎手)
「馬群に閉じ込められなければ逆転までありました。動けなくなって勝ち馬に先に動かれてしまいました」

3着 シャクンタラー(三浦騎手)
「いいところを立ち回ることが出来ました。7ヵ月ぶりでもよく走っています」

4着 ヨシノザクラ(蛯名騎手)
「この上がりならもっと来るかなと思いましたが、思ったより伸びませんでした」

5着 バレエダンサー(黛騎手)
「スタートの出脚が悪かったのですが、少し押し出される形で前へ行きました。ペースを落として行きましたが、仕掛けた時に頭の上がるところがありました」