【四国新聞杯】(阪神)~カゼルタが外から抜けて連勝 [News]
2016/03/27(日) 15:03
阪神9Rの四国新聞杯(4歳以上1000万下、牝馬限定、芝2000m)は4番人気カゼルタ(A.シュタルケ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒5(良)。2馬身差2着に2番人気ワーキングプライド、さらに1/2馬身差で3着に8番人気プリメラアスールが入った。

カゼルタは栗東・高橋康之厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母エルダンジュ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 カゼルタ(シュタルケ騎手)
「2~3番手からのレースを考えていましたが、他の馬が速く、後方からのレースになりました。それが結果的には正解でした。流れに乗って気分良く走っていました」

2着 ワーキングプライド(菱田騎手)
「いい時の形のレースが出来ました。終いを生かすレースが合っています。このクラスで勝ち負け出来る態勢が整ったと感じます」

3着 プリメラアスール(森裕太朗騎手)
「ハイペースの方がいい馬で流れは合っていましたが、最後に少したるくなってしまいました。もう少し脚をためてコントロール出来れば良かったのですが...」