【3歳500万下】(中山5R、6R)~マイネルビクトリー、ネバーリグレットが勝利 [News]
2016/03/27(日) 14:03
中山5Rの3歳500万下(ダート1800m)は11番人気マイネルビクトリー(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒0(良)。1/2馬身差2着に4番人気ラテールプロミーズ、さらに3/4馬身差で3着に12番人気アポロナイスジャブが入った。

マイネルビクトリーは美浦・畠山吉宏厩舎の3歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母メジャービクトリー(母の父ヘクタープロテクター)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルビクトリー(柴田大騎手)
「他の馬が外を回って行きそうだったので、内でじっくりと脚をためて行きました。思った通り外を回ったので内をスルスルと追い上げることが出来ました。前半ためて行けばいい脚を使ってくれます。今日はうまく行きました」

3着 アポロナイスジャブ(西田騎手)
「うまく流れに乗れて折り合いもつきました。スムースに外に出せてしっかりと伸びてくれました。ただ、強くムチを入れたら直線でヨレました。そのあたりが直ってくればいいと思います。距離はゆったりと行ける分、これくらいがいいです」

4着 イーストオブザサン(吉田隼騎手)
「スタートして挟まれることもあり、出して行けませんでした。終いは来ていますが、後手後手のレースになってしまいました」

11着 ファンドレイザー(田辺騎手)
「ズブいとは聞いていましたが、向正面で反応が悪くなってしまいました」


中山6Rの3歳500万下(芝1200m)は1番人気ネバーリグレット(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒8(良)。1馬身1/2差2着に6番人気ストーミーシー、さらに1馬身1/2差で3着に10番人気カキツバタチグサが入った。

ネバーリグレットは美浦・木村哲也厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母グッドゲーム(母の父Fly Till Dawn)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ネバーリグレット(田辺騎手)
「ここでは能力が違う感じでした。終いはいい脚を使ってくれます。本来は1200mではないのかもしれません。もう少し距離があった方がいいのかもしれません」

4着 ガイアトウショウ(木幡巧騎手)
「スタートが速かったです。折り合いはうまく行きました。もう少し後ろから行けば、もっといい脚を使ってくれるかもしれません」

13着 ダノンキャップ(杉原騎手)
「今日は終始手応えが悪かったです。うまく体を使えてない感じでした」