【春風S】(中山)~モルジアナが差し切りV [News]
2016/03/26(土) 16:02
中山10Rの春風ステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は1番人気モルジアナ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。半馬身差の2着に6番人気ゲマインシャフト、さらに半馬身差の3着に12番人気ヤマニンシャンデルが入った。

モルジアナは美浦・木村哲也厩舎の4歳牝馬で、父Dubawi、母サマーハ(母の父Singspiel)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 モルジアナ(木村哲也調教師)
「健康状態がよく、動きやすくなっていた分、終いのキレにつながったのかなと思います。まだ緩いところもありますし、上のクラスでも走ってくると思います。いい成長をしてくれています」

2着 ゲマインシャフト(柴田大知騎手)
「流れが速かったので、後ろでジッとしていたのがよかったです。4コーナーで外に振られたのが痛かったです。最後はいい脚を使っていますが、相手にうまく立ち回られました」

3着 ヤマニンシャンデル(田中勝春騎手)
「いいレースをしてくれましたが、もっといい脚を使う馬です。力は出しています。落ち着きが出て、馬はよくなっています」