【ドバイWCデー】日本馬の調教状況~ラニはダートコースを1周 [News]
2016/03/24(木) 19:20
 3月26日(土)にアラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップデーに出走を予定している日本馬の調教状況及び関係者のコメントは以下の通り。

★ドバイワールドカップ(G1 ダート・2000m)
●ホッコータルマエ(牡7歳 栗東・西浦勝一厩舎)
・本日の調教状況:馬場入りせず
西浦勝一調教師のコメント
「昨年は内枠で、考えていた以上にカメラなどを意識して思い通りのレースができなかったので、外側がいいと思い8番を選びました。逃げることなく好位でレースできればと思います。」

★ドバイシーマクラシック(G1 芝・2410m)
●ドゥラメンテ(牡4歳 美浦・堀宣行厩舎)
・本日の調教状況:角馬場にて調整
●ラストインパクト(牡6歳 栗東・角居勝彦厩舎)
・本日の調教状況:馬場入りせず
●ワンアンドオンリー(牡5歳 栗東・橋口慎介厩舎)
・本日の調教状況:馬場入りせず
橋口慎介調教師のコメント
「馬体もちょうど良く締まってトモの張りが出てきましたし、思い描いたとおりにここまできました。状態は最高なので、馬の力、騎手の力を信じてレース当日を待ちます。枠順(5番)は、外からじっくりいきたいので悪くはありません。明日はダートコースで調整します。」

★ドバイターフ(G1 芝・1800m)
●リアルスティール(牡4歳 栗東・矢作芳人厩舎)
・本日の調教状況:馬場入りせず
矢作芳人調教師のコメント
「とても元気で、歩様も良かったことを確認しました。肉体的には仕上がっており、昨日の追い切りも気持ちを乗せるためにやったもので、明日サっと調整する予定です。スクーリングも済んでいるので、この状態を保てれば良いです。枠順(14番)は特に気にしていませんので、あとは騎手に任せます。」

★アルクオーツスプリント(G1 芝・1000m)
●ベルカント(牝5歳 栗東・角田晃一厩舎)
・本日の調教状況:馬場入りせず
角田晃一調教師のコメント
「もう少し外側の枠が欲しかったのですが、スタートの早い馬なので悪くない枠順(3番)だと思います。こちらの気候が合っているのか、日に日に状態は良くなっています。昨日の追い切りの動きも良かったですし、今日の引き運動も落ち着いた良い雰囲気でした。何とか良い結果を出したいと思います。」

★UAEダービー(G2 ダート・1900m)
●オンザロックス(牡3歳 栗東・森秀行厩舎)
・本日の調教状況:馬場入りせず
●ユウチェンジ(牡3歳 栗東・森秀行厩舎)
・本日の調教状況:馬場入りせず
●ラニ(牡3歳 栗東・松永幹夫厩舎)
・本日の調教状況:ダートコース キャンター 1周
松永幹夫調教師のコメント
「日本にいた時と変わらずとても良い状態です。調教の動きも抜群ですので、期待が膨らみました。頭数も少ないので枠順(3番)は特に問題ありません。明日はダートコースで調整する予定です。」

★ドバイゴールドカップ(G2 芝・3200m)
●ネオブラックダイヤ(牡8歳 美浦・鹿戸雄一厩舎)
・本日の調教状況:角馬場で調整
鹿戸雄一調教師のコメント
「馬の状態は良い雰囲気で落ち着きがあります。どちらかというとテンションが高いタイプですが、リラックスしており良い方向に向いています。内枠を希望していたので枠順(4番)は良かったです。出走するからにはぜひ上位を狙っていきたいです。チャンスはあると思います。」

(JRA発表のリリースによる)