【高松宮記念】美浦レポート~スノードラゴン [News]
2016/03/23(水) 14:01
 27日(日)に中京競馬場で行われる第46回高松宮記念(GI)に登録をしているスノードラゴン(牡8、美浦・高木登厩舎)について、追い切り後の高木登調教師と鞍上予定の大野拓弥騎手のコメントは以下の通り。

高木登調教師
(前走のオーシャンSを振り返って)
「馬はだいぶ出来てきたと思っていましたが、さすがに長期間開いていたので、その辺が心配でした。
パドックで随分落ち着いているなと思っていましたが、返し馬に行く時にピリッとしていたので、これなら何とかなるかなという感じでレースを見ていました。
 十分次につながるレースをしてくれて、正直、思った以上に反応してくれて良かったです。一回使った分、だいぶ気合いは乗ってきました」

(前走後の調整について)
「さすがに長期休養明けで走ったので、2、3日疲れを取ってあげました。反動だけ心配でしたが、問題なく調整できています」

(最終追い切りについて)
「一回使った分反応も動きも良くなっています。馬は仕上がっているので、先週ぐらいの調教でした。今日の馬場が先週よりは軽くなっているので、時計的には速くなるかなという感じでしたが、思い通りの調教でした」

(コースについて)
「中京ならと正直思っていますので、ああいう馬場の方が合っていますし、頑張りたいと思っています。そんなに猛時計が出る馬場でもないですからね」

(左回りの実績について)
「特に右、左回りは関係ないですが、追い込みなので東京などを狙って使ってきた分があるとは思っています」

(レースに向けて)
「持ち味が追い込む感じで伸びてきた馬なので、自分のスタイルは守っていきたいと思っています。
長期休養明けで一回叩いて馬は状態が上がってきています。良い状態で何とかGIを迎えられます。応援よろしくお願いします」


・大野拓弥騎手
(最終追い切りに跨がっての感触は)
「すごく順調に来ています。本当に良い動きでした。
 先週の追い切りの感じと一緒ぐらいで良いかなという指示でした。」

(前走のオーシャンSを振り返って)
「(長期休養明けは)気になっていましたが、私の思った以上によく走ってくれました。
 オーシャンSの前は少しトモの踏ん張りが物足りなかったのですが、一回使ってトモの感じも良くなりました。全体的に良い走りができています」

(中京のコースについて)
「中京の馬場は合っていると思いますし、3週目でスノードラゴンに向いていると思っています。
 右回りでも大丈夫だと思いますが、左回りでGIを勝っているので、その点は良いと思っています」

(レースに向けて)
「GIですし、強い馬が揃ったなと思っています。枠がまだ出ていませんが、枠を見たり、当日の馬の状態を見たり、レース直前まで作戦を練っていきたいです。(希望の枠は)無いです。どこでも大丈夫です。
 先週ぐらいの馬場でできれば一番良かったのですが、前走で速い時計にも対応できたのが良かったと思っているので、心配はしていません。
 スノードラゴン自体、本当に順調に来ていますので、良い競馬ができると思っています」

(取材:米田元気)