【韓国馬事会杯】(中山)~センチュリオンが4勝目を挙げる [News]
2016/03/21(月) 15:53
中山10Rの韓国馬事会杯(4歳以上1600万下・ダート1800m)は4番人気センチュリオン(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒1(稍重)。1馬身3/4差の2着に3番人気リッカルド、さらにクビ差の3着に7番人気マイネルオフィールが入った。

センチュリオンは美浦・田村康仁厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ハンドレッドスコア(母の父ホワイトマズル)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 センチュリオン(大野拓弥騎手)
「使われるごとに調子を上げてきていて、今日もいい状態でした。追って伸びるタイプで、渋太さを生かす競馬ができました」

3着 マイネルオフィール(柴田大知騎手)
「切れないけれど立ち回りの上手な馬です」

4着 ルファルシオン(福永祐一騎手)
「砂をかぶって嫌がるところもありましたが、4コーナーを手応えよく回ってこられました。ワンペースで決め手がない分、詰め切れませんでした」

6着 ミツバ(C.ルメール騎手)
「中山は直線が短いです。ついていくのに苦労しましたし、前も止まりませんでした」