【千葉S】(中山)~ブルドッグボスが人気に応える [News]
2016/03/20(日) 16:14
中山10Rの千葉ステークス(4歳以上オープン・ダート1200m)は1番人気ブルドッグボス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒5(重)。1馬身半差の2着に6番人気キタサンミカヅキ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気カジキが入った。

ブルドッグボスは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父ダイワメジャー、母リファールカンヌ(母の父デインヒル)。通算成績は12戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ブルドッグボス(C.ルメール騎手)
「すごいです。とても乗りやすい馬で、前半はゆっくり行きましたが、かなりパワーがあります。とてもいいスプリンターだと思います。重賞でもやれると思います」

4着 ナンチンノン(吉田豊騎手)
「いい感じでハナに立っていきましたが、枠がもっと内だったらよかったと思います。スタートして出していった分、最後交わされてしまいました。それでも2着はあるかと思ったのですが......」

5着 ゴーイングパワー(大野拓弥騎手)
「時計は速かったのですが、うまく走れました。やはり中山は相性がいいようです」