【若葉S】(阪神)~アドマイヤダイオウが差し返して人気に応える [News]
2016/03/19(土) 16:44
阪神11Rの若葉ステークス(3歳オープン、芝2000m)は1番人気アドマイヤダイオウ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒2(稍重)。ハナ差2着に2番人気ナムラシングン、さらに8馬身差で3着に5番人気ゼンノタヂカラオが入った。

アドマイヤダイオウは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母アドマイヤマリン(母の父クロフネ)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤダイオウ(M.デムーロ騎手)
「ゲートでうるさかったのですが、スタートはうまく出てくれました。少し狭くなりポジションが下がりましたが、前に行ってからは自分のペースでした。直線一旦交わされて、そこでムチを入れたら手前が替わって、よく伸びてくれました。いいスタミナがあります」

(友道康夫調教師)
「負けたと思いましたが、そこからもうひと伸びしてくれました。4戦目でこういう競馬が出来るのですからね。今後に関しては、皐月賞に使うか使わないかも含め、相談して決めます」

2着 ナムラシングン(池添騎手)
「半馬身くらい前に出たのですが、差し返されました。道中少し掛かり気味のところがありました。その点が今後クリアすべき課題ですね」

4着 ノガロ(戸崎騎手)
「まだ緩いところがあります。これから力をつけてくれると思います」

5着 メイショウカクオビ(和田騎手)
「道中は落ち着いていい感じでしたが、気が若い分、少し物見をするようなところがありました。しかし、ラストまでしっかり走っています。このメンバーの中、頑張っていますね。まだ良くなってきそうです」

7着 リスペクトアース(内田博騎手)
「外枠で、アドマイヤダイオウにあとから捲くられるならと、番手からのレースをしました。ムキになるようなところもなくレースは出来ましたが、ラストはもう一つでした。ただ、これが次につながってくれればいいですね」

9着 ピースマインド(古川騎手)
「折り合いはついていたと思います。息を入れたいところで他馬に来られてきつくなりました」