【スプリングS】美浦レポート~ロードクエスト [News]
2016/03/16(水) 17:34
20日(日)中山競馬場で行われるスプリングステークス(GII)に出走予定のロードクエスト(牡3、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◯ロードクエストについて小島茂之調教師

「前走のホープフルSは、馬の状態は休み明けとしては良かったのですが、3~4コーナーで張られるところがあったりと、キャリアの浅い馬には辛い経験だったかなと思います。それでも2着を確保できましたし、レース後も特別変わりありませんでしたから、いい経験になったのだと思います。初の2000mの距離も大丈夫で、少し仕掛けのタイミングがうまくいかなかったとジョッキーから聞いています。悲観せずに、次に生かしていきたいです。

この中間は放牧に出さずに、厩舎に置いていました。速いところをやりはじめたらすぐに馬が走る気になってきたので、急いで仕上げても良くないと思い、ひとつひとつ丁寧に、気持ちが入り過ぎないようにやってきました。

池添騎手には先週も乗ってもらっていて、先週の時点で内に少しモタれるところがあったのを確認したいということで、今朝はどういうシチュエーションでも対応できるように併走馬と一緒に走らせて、あとは好きなように乗ってもらいました。納得してくれたようで、いい追い切りができたと思います。前回よりも厩舎にいる時間が長かったこともあり、その間に馬も成長していますから、一戦一戦、調整内容に踏み込めているので、上積みはまだあると思います。

中間の調整ではいろいろ課題が出てきましたが、ここへ来てそれらがなくなったので、あとはジョッキーと息を合わせていい結果を出してくれれば。2000mもこなしていますし、中山の1800mはスタートして坂があるので速いペースにもならないでしょうし、心配していません。あれだけのジョッキーですからね。強いレースをしてくれるのが一番ですが、ジョッキーにはとにかく何かを感じ取って、ニコニコして引き上げてきて欲しいです。ここで強いロードクエストを見せられて、皐月賞に向けて盛り上げていければと思います」


◯ロードクエストについて池添謙一騎手

「今朝は馬の感触を確かめながらの調整でしたが、すごくいい動きをしてくれていて、状態はいい感じに来てくれています。追い切りに関して特に指示はなく、『自分が考えるように乗ってくれていい』と言われたので、考えながら乗りました。先週の動きも素晴らしく良かったですが、今日の動きも良かったです。先週は強めぐらいにやっていたので、今日は馬なりでさらっと、という感じでした。

末脚がしっかりしていて、いいものを持っているという印象はずっとありました。(1週前に実際に騎乗してみて)いい馬ですね。反応もとても速いですし、いい馬がまわってきたと思いました。

中山の1800mは、僕の中ではすごく難しいコースだと感じるのですが、トライアルでもありますし、いろいろ試しながら本番に向けて乗っていきたいです。後ろから行って末脚を伸ばすレースが続いていますが、いつも通りのレースというよりは、試すレースをしてみたいとは思っています。それもゲート次第ですし、ゲートを出てからですね。

本番に向けての大事なレース。結果も求めて乗りたいと思います。応援してください」

(取材:小塚歩)