【中日新聞杯】(中京)~トップハンデのサトノノブレスが差し切る [News]
2016/03/12(土) 16:48
中京11Rの中日新聞杯(4歳以上GIII・芝2000m)は1番人気サトノノブレス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒3(良)。半馬身差の2着に9番人気ファントムライト、さらにクビ差の3着に13番人気レコンダイトが入った。

サトノノブレスは栗東・池江泰寿厩舎の6歳牡馬で、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ(母の父トニービン)。通算成績は23戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノノブレス(川田将雅騎手)
「開催初日の馬場で、前が止まらないと考えて前につけ、いい位置がとれました。最後もしっかりと動いてくれて、58キロながらよくがんばってくれたと思います」

2着 ファントムライト(戸崎圭太騎手)
「馬場を考えて出していきました。乗りやすい馬で、折り合いもつきました。最後までがんばってくれました」

3着 レコンダイト(武豊騎手)
「道中は勝ち馬を見ながらレースをして、一瞬置かれましたけど、最後また脚を伸ばしてくれました。休養している間に馬もよくなっていたのでしょう」

4着 ヤマニンボワラクテ(藤懸貴志騎手)
「ゲートを出て2番手につけて、理想的なレースができました。直線に向いても抜群の手応えで勝ったかとも思いましたが、最後100mで脚がにぶりました」

6着 クルーガー(福永祐一騎手)
「ゲートに入ったら、もぐろうとして立ち遅れました。ゲート練習はかなりやったそうなのですが......。スタートして、4~5番手につけるイメージでした。それでも最後はよく来ていましたし、力は通用する馬です。スタートだけでした」