【アネモネS】(中山)~チェッキーノが差し切りV [News]
2016/03/12(土) 16:43
中山11Rのアネモネステークス(3歳オープン・牝馬・芝1600m)は3番人気チェッキーノ(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(良)。1馬身1/4差の2着に14番人気アッラサルーテ、さらにアタマ差の3着に2番人気ペプチドサプルが入った。

チェッキーノは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 チェッキーノ(柴山雄一騎手)
「嬉しいです。直線はずっと手応えがよかったので、あとはしのげると思いました。2コーナーまでは少しハミをかみましたが、そのあとはリラックスしてくれました。馬がよくなっていて、そのよさが出ましたね。順調にいってくれれば、まだよくなりそうですし、楽しみです」

2着 アッラサルーテ(石橋脩騎手)
「フワッとスタートを切って、行けそうだったので逃げました。今日は湿っていて前が残る馬場も生かせました。他馬が来てからも差し返してくれています」

4着 エクラミレネール(内田博幸騎手)
「今日はいいと思ったのですが、甘くなかったです。決め手の差が出たのでしょうか」

5着 リボンフラワー(三浦皇成騎手)
「外枠で行き脚がつかなかったです。内の馬にぶつけられても、馬は脚を使ってくれました。これからよくなりそうです」

6着 メイショウタチマチ(柴田大知騎手)
「忙しかったです。追い出しても反応できなかったです。いい馬で、トビが大きいです」