【太宰府特別】(小倉)~ウェスタールンドが差し切りV [News]
2016/03/06(日) 16:17
小倉11Rの太宰府特別(4歳以上1000万下・芝1800m)は3番人気ウェスタールンド(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8(稍重)。3/4馬身差の2着に1番人気ジェネラルゴジップ、さらにクビ差の3着に5番人気サンセットスカイが入った。

ウェスタールンドは栗東・佐々木晶厩舎の4歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母ユーアンミー(母の父Marquetry)。通算成績は13戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ウェスタールンド(鮫島克駿騎手)
「この馬の持ち味である一瞬の切れ味を直線で引き出そうと思っていました。3~4コーナーでかなり馬群がかたまりましたが、馬が気を抜かずに走ってくれました。切れ味はいいものがあるので、上のクラスでもやれると思います」

2着 ジェネラルゴジップ(幸英明騎手)
「勝ったと思いましたが、勝ち馬の切れ味に負けました。馬の調子はよくなっているので、このクラスを勝つのは時間の問題だと思います」

4着 アトム(藤岡康太騎手)
「敗因はこの馬場に尽きます。いいポジションをとれましたが、3コーナーすぎから馬場に脚をとられました。それを考えれば、よくがんばっていると思います」