【オーシャンS】(中山)~エイシンブルズアイが重賞初制覇 [News]
2016/03/05(土) 17:06
中山11Rの第11回オーシャンステークス(GIII、4歳以上、芝1200m)は5番人気エイシンブルズアイ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒5(良)。1馬身1/2差2着に4番人気ハクサンムーン、さらに1馬身1/4差で3着に8番人気スノードラゴンが入った。

エイシンブルズアイは栗東・野中賢二厩舎の5歳牡馬で、父Belgravia、母Miss Fear Factor(母の父Siphon)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 エイシンブルズアイ(石橋脩騎手)
「すごく切れました。操縦の利く馬です。先行という指示でした。スタートは出ませんでしたが、外からでも届く馬場だったので、あの位置でも焦らずに行きました。いい決め手がある馬で、この先、楽しみです。今日は馬が頑張ってくれました」

2着 ハクサンムーン(西園正都調教師)
「しっかり行けましたし、よく頑張ってくれました。次走も楽しみです。高松宮記念へ向かいます」

3着 スノードラゴン(大野騎手)
「力があります。長いブランクがありましたが、頭が下がる思いです。順調に行けばGIでも面白いと思います」

4着 ネロ(三浦騎手)
「思い通りのレースが出来ましたが、ペースが速かったですし、脚をためられれば違っていたかもしれません」

5着 アルビアーノ(ルメール騎手)
「スタートで少し遅れました。直線はスペースがありませんでした。スムースではありませんでした」

7着 アフォード(石川騎手)
「外を回しても差しの利く馬場で、最後脚を使っていますが、今日は以前ほどの切れはありませんでした」

14着 ゴールドペガサス(シュタルケ騎手)
「力を30%も出していません。行くところがありませんでした。出すに出せませんでした」