【千里山特別】(阪神)~ルミナスウォリアーが直線突き抜ける [News]
2016/03/05(土) 15:36
阪神9Rの千里山特別(4歳以上1000万下、芝2000m)は1番人気ルミナスウォリアー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。2馬身差2着に5番人気ヒルノドンカルロ、さらにハナ差で3着に6番人気アウトオブシャドウが入った。

ルミナスウォリアーは美浦・和田正一厩舎の5歳牡馬で、父メイショウサムソン、母ルミナスハッピー(母の父アグネスタキオン)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ルミナスウォリアー(戸崎騎手)
「距離を短くしたことによってこの馬の決め手が生きました」

2着 ヒルノドンカルロ(四位騎手)
「間隔があいていましたが、リフレッシュしていました。調教でもいい動きをしていました。この馬のいつものパターンで先手を取りましたが、ハナに行くまでが少し時間が掛かりました。そこがスムースだったら粘れたかと思います。残念でしたが、このクラスでも十分にやれるでしょう」

3着 アウトオブシャドウ(ヴェロン騎手)
「芝が結構速いので、この馬には向いていないと思います。時計の掛かる馬場の方が競馬が出来ます。ズブいところはありますが、能力的にはこのクラスでやれると思います」

5着 コートオブアームズ(中谷騎手)
「小倉での前走のように捲くる形にはなりませんでした。しかし、馬込みでも怯まず、しっかりと走ってくれました。このクラスでもメドが立ちました。展開さえ向けば差し切る脚はあると思います。底を見せていませんし、どんどん強くなっています。今後も楽しみです」