藤田菜七子騎手、川崎でのデビュー戦は8着 [News]
2016/03/03(木) 11:40
 JRAで16年ぶりに誕生した新人女性ジョッキーの藤田菜七子騎手(美浦・根本康広厩舎)は、JRAでのデビューに先駆けて、川崎競馬場で騎手デビューをはたした。
 デビュー戦となった第1競走の3歳8ロ(ダート1400m・9頭立て)に浦和競馬所属のコンバットダイヤ(単勝2番人気)に騎乗。スタンド前からの発走で好スタートを切り、向正面では中団の5番手を追走したが、3コーナーから遅れ始めて直線でも伸びず、8着で入線した。
 なお、藤田騎手は、この後交流競走のマーチスター賞を含めて5鞍に騎乗の予定。