【弥生賞】栗東レポート~マカヒキ [News]
2016/03/02(水) 18:43
 キャリア2戦目の若駒ステークスでは重賞競走並みのパフォーマンスで勝利したマカヒキは坂路での調整。最後まで力強く駆け上がってきた。

 調教後の関係者へのインタビューの内容は以下のとおり。

●マカヒキ(友道康夫調教師)

◎ここまで2戦2勝。あっさりと勝ってきた印象ですが?
 新馬戦を使う前の調教から凄く能力を感じていた馬なので、新馬戦ではどんなレースをするのか期待して送り出したのですが、こちらが思っていた以上の勝ち方でした。次の若駒ステークスも凄くいい内容だったと思います。

◎新馬戦は前に行っての競走、若駒ステークスはやや後ろからのレースでした。自在性があるんでしょうか?
 ジョッキーにとっては乗りやすい馬で、どこからでもレースができそうな感じですね。

◎新馬戦を勝ってからは休養を挟んで若駒ステークスという形でしたが、その間の成長度などを教えてください。
 新馬戦の後はすぐに放牧に出して年末に戻ってきて、こちらに来てからは順調に、若駒ステークスの後もダメージもなく今日まで来ています。

◎若駒ステークスは最後の3ハロンが32秒6と驚異的なタイムに思えましたが?
 向こう正面で先頭との距離があったので心配はしたのですが、直線に向いて外に出してジョッキーがGOサインを出してからの反応が凄かったですね。時計を見てまたびっくりしましたね。

◎その後の様子はどうでしょうか?
 その後はずっと厩舎にいて次の週の後半から乗り始めて、1週前にはルメール騎手に乗ってもらってしっかりと馬場で調整したのですが、ルメール騎手も「前回のレース以上に良くなっている」と言っていました。

◎今週は坂路を単走で800メートルを53秒3、最後は12秒3というタイムが出ましたが?
「54~55秒ぐらいで最後に気合をつけるぐらいで」という指示で乗ってもらったのですが、騎乗していた調教助手がちょっと仕掛けた程度でスッと伸びてくれて見た目以上に時計が速かったですね。

◎今回は中山競馬場が舞台となりますが?
 初めて輸送して前日に競馬場に着いてのレースとなりますので、そこがこれまでと違うわけですが、ふだんから落ち着いている馬なので問題はないと思います。

◎中山競馬場には最後に急な坂もありますが?
 今日も栗東の坂路で時計が出ますし、ふだんもウッドチップコースで時計が出る馬ですから力も兼ね備えていると思います。

◎今回は朝日杯1、2着馬が出てきますし強力な相手との戦いになりますね?
 何かもったいないぐらいですね(笑)。このメンバーでどれだけやれるのか楽しみです。

◎リオンディーズは物凄い勝ち方をしましたが、ひけをとらないポテンシャルがあるのでは?
 うちの厩舎で今までGIを勝った馬たちに比べてもひけをとらないぐらいの能力を持っていると思うので期待しています。


(取材:佐藤泉)