【阪急杯】(阪神)~ミッキーアイルが逃げ切りV [News]
2016/02/28(日) 16:33
阪神11Rの阪急杯(4歳以上GIII・芝1400m)は1番人気ミッキーアイル(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒9(良)。3/4馬身差の2着に4番人気オメガヴェンデッタ、さらにクビ差の3着に5番人気ブラヴィッシモが入った。

ミッキーアイルは栗東・音無秀孝厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母スターアイル(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は16戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッキーアイル(松山弘平騎手)
「やはりスピードがありますね。他に行く馬もいましたが、この馬の競馬をしようと思って、積極的に行きました。自分のリズムで行けましたし、直線もよく伸びて強い競馬をしてくれました。次もまた乗せてもらえるようにがんばります」

2着 オメガヴェンデッタ(武豊騎手)
「いいレースはできました。非常に乗りやすい馬です。最後もしぶとく伸びてくれました。勝った馬は強かったです。それでも、この馬も重賞に手が届きそうです」

3着 ブラヴィッシモ(川田将雅騎手)
「いい枠からスムーズな競馬ができて、よくがんばっています。いい経験になったと思います」

4着同着 サドンストーム(武幸四郎騎手)
「うまくいきましたが、完調のときなら差し切っていたかもしれません。休み明けで1400mでしたし、次はさらにいいのではないでしょうか」

6着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
「攻め馬の効果が出て、ゲートの中も道中も落ち着いていました。あとは持続力ですね。マイルでもいけそうな感じはあります」

7着 ダノンシャーク(F.ヴェロン騎手)
「最初の3ハロンでペースが速くて、ついていけませんでした。できれば中団あたりにつけたかったのですが......。もう少し距離があった方がいいでしょう」

10着 タガノブルグ(秋山真一郎騎手)
「前の馬で決まってしまいましたからね......。枠なりに行ってもどうしようもないので、下げて内に入りました。展開がかみ合えば来そうな雰囲気はあります」

11着 ケントオー(和田竜二騎手)
「枠が悪かったのがすべてです」

12着 マイネルアウラート(丸山元気騎手)
「このクラスなら、もう少し距離があればいいかもしれません」

13着 ティーハーフ(池添謙一騎手)
「仕方がありません。距離が長いです。3コーナーから動いていきましたが、最後の坂で止まってしまいました。1200mの方がいいと思います。馬はさらによくなってくれると思います」

16着 エールブリーズ(藤岡康太騎手)
「内にもぐりこむことができず、終始外を回る形になってしまいました」