【関門橋S】(小倉)~キャンベルジュニアが3馬身半差で快勝 [News]
2016/02/28(日) 16:15
小倉11Rの関門橋ステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は1番人気キャンベルジュニア(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒5(良)。3馬身半差の2着に2番人気フェルメッツァ、さらにハナ差の3着に4番人気ザトゥルーエアーが入った。

キャンベルジュニアは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父Encosta De Lago、母Melito(母の父Redoute's Choice)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 キャンベルジュニア(藤岡佑介騎手)
「強かったですね。スタートよく、2番手で折り合いをつけた時点で、勝負あった感じです。まだまだ上を目指せる馬だと思います。いい競馬ができました」

2着 フェルメッツァ(吉田隼人騎手)
「ゲートで落ち着いていて、ポンと出てくれました。折り合いがつきましたし、うまく運べました。最後も何とか2着に粘ってくれました」

3着 ザトゥルーエアー(松若風馬騎手)
「道中はリラックスして走れました。切れるタイプではありませんから、早めの競馬をしました。まだのびしろがありそうです」

4着 レッドソロモン(D.バルジュー騎手)
「今日は久々の分でしょうね。太めもあり、最後は止まってしまいました。ここを使って、次はよくなると思います」