【メイクデビュー】(阪神5R)~ブレッシングテレサが勝利 [News]
2016/02/28(日) 14:08
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は2番人気ブレッシングテレサ(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒7(良)。1馬身半差の2着に1番人気エイシンティンクル、さらに2馬身差の3着に7番人気ガラスダマノピアスが入った。

ブレッシングテレサは栗東・梅田智之厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母アドマイヤテレサ(母の父エリシオ)。

~レース後のコメント~
1着 ブレッシングテレサ(藤岡康太騎手)
「パドックではすごくおとなしかったです。スタートはきれいに決まりました。前目で競馬ができましたが、調教で気を抜くところがあって、3~4コーナーではフワッとしていました。直線ではビシッと追いました。ハナだけは行きたくなかったので、前に1頭行って、番手をとれたのが大きいです」

(梅田智之調教師)
「攻め馬ではウチにいる500万~1000万クラスの馬にも負けていませんでした。目一杯は追っていなかったのですが、今日は一杯に走っていて、息が切れていました。思い入れのある血統で、期待している馬ですし、スタッフがしっかり仕上げてくれました。レースではフワフワするところもありましたが、強かったです。これからのびしろも課題もあります」

2着 エイシンティンクル(武豊騎手)
「気性の悪さが出ました。能力はありますが、残念です」

3着 ガラスダマノピアス(国分優作騎手)
「調教師からは『トビが大きいので、それを生かして脚をためるようにしてほしい』と言われていました。しかし、ゲートの出がよかったので、先手をとりました。リラックスして走れました。まだ緩さがあるので、使ってよくなるでしょう」

4着 ウォーターシャウト(武幸四郎騎手)
「まだ緩いところがあります。それでこれだけやれたのですから、楽しみです」