【総武S】(中山)~バスタータイプが3連勝飾る [News]
2016/02/27(土) 17:00
中山11Rの総武ステークス(4歳以上オープン・ダート1800m)は1番人気バスタータイプ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒9(稍重)。クビ差の2着に8番人気イッシンドウタイ、さらに2馬身半差の3着に5番人気サンマルデュークが入った。

バスタータイプは栗東・佐藤正雄厩舎の4歳牡馬で、父ホワイトマズル、母グローバルソング(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は12戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 バスタータイプ(内田博幸騎手)
「引っかかりました。3コーナーあたりでグンとハミをとっていき、ケンカしてもいけないと思い、馬のリズムで行きました。それでも勝つのだから馬が充実してきているのでしょう」

(佐藤正雄調教師)
「飛ばしていった前の馬を早めに追って、最後は差を詰められましたが、これで3連勝となり、中山の水が合うのでしょうか。帰って体をチェックして、次を考えたいと思います。交流重賞に出られるチャンスも、これで出てくるかもしれません」

3着 サンマルデューク(武士沢友治騎手)
「もう少し速い流れだったらよかったのですが、58キロを背負っていましたから、よくがんばったと思います。状態もよく、ここを使って目標はマーチSです」

4着 モズライジン(中谷雄太騎手)
「2ヶ月ぶりで反応があまりよくなかったです。自分でグンと行く感じがなかったです。ガツンと行って、早めに先頭に立つぐらいの感じで行く方がいいのかもしれません」