【アーリントンC】(阪神)~レインボーラインがハナ差V [News]
2016/02/27(土) 16:43
阪神11Rのアーリントンカップ(3歳GIII・芝1600m)は4番人気レインボーライン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。ハナ差の2着に7番人気ロワアブソリュー、さらにハナ差の3着に7番人気ロワアブソリューが入った。

レインボーラインは栗東・浅見秀一厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母レーゲンボーゲン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 レインボーライン(M.デムーロ騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬で調子のよさが伝わってきました。もうちょっと前につけたかったのですが、エンジンのかかりが遅く、行けませんでした。ただ、ペースが遅かったので動いていきました。最後までよくがんばってくれました」

2着 ダンツプリウス(丸山元気騎手)
「ここまで力をつけているとは思いませんでした。着差が着差だけに残念です」

3着 ロワアブソリュー(F.ヴェロン騎手)
「レース前はリラックスさせることを心がけました。乗りやすくて、かかるところもありませんでした。最後はよく差を詰めていますし、すぐに勝てるチャンスが来ると思います」

5着 アーバンキッド(F.ベリー騎手)
「スタートに気をつけてほしいと言われていましたが、スタートはすごくよかったです。直線では早めにハナに立ちすぎました。残り100mで疲れてしまいました。状態がよく、リラックスしていましたが、その反面、戦う方向に気が向いていなかったのでしょうか......。体はまだまだ子どもなので、しっかりしてくればさらによくなると思います」

6着 ヒルノマゼラン(古川吉洋騎手)
「上手に競馬をしてくれました。結果的に負けましたが、あれだけやれたわけですし、これからの馬だと思います。センスがいいです」

8着 ボールライトニング(福永祐一騎手)
「もっとスーッと前に行けるかと思いましたが、思いのほか行けませんでした。最後は同じ脚色になってしまいました。斤量の影響があったのかもしれません。ただ、脚は使っているので、距離は守備範囲だと思います」

9着 ウェーブヒーロー(和田竜二騎手)
「それほど負けてはいませんから、力はあります。自己条件ならいいと思います」

10着 オデュッセウス(武豊騎手)
「行きたがって、引っかかっていました。一回も折り合えませんでした。距離は短い方がいいと思います」

12着 シゲルノコギリザメ(太宰啓介騎手)
「スタートが悪かったです。そのあと出していきましたが、2走前より引っかからず、リラックスして走れました。ベストは1400mかもしれません」

14着 パールフューチャー(C.ルメール騎手)
「最初から引っかかっていました。直線では息がもたず、すぐにバテてしまいました」