【水仙賞】(中山)~アルカサルが2馬身半差で快勝 [News]
2016/02/27(土) 16:06
中山9Rの水仙賞(3歳500万下・芝2200m)は2番人気アルカサル(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒8(良)。2馬身半差の2着に1番人気ヒプノティスト、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気キンショーユキヒメが入った。

アルカサルは美浦・大竹正博厩舎の3歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母アビラ(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アルカサル(田辺裕信騎手)
「前走の新馬戦でも、もうひとつの動きだと思いながら勝ちましたが、今日は使われて馬が少ししっかりしていました。いい感じで行って、途中から動き出しましたが、ペースも向きました。ダート馬かもしれないと言われながらも芝で2戦2勝。これで先が楽しみになりました」

2着 ヒプノティスト(柴田善臣騎手)
「ゲートを出て、内の馬は行かず、外のウインクルサルーテが来て、馬が耳をしぼって怒ってしまいました。道中ジッとして折り合いに専念したかったのですが、ハナを切っていきました。すぐに息も入りましたし、直線追われてもまっすぐ走っていました。ブリンカーをつけたことはよかったと思います」

3着 キンショーユキヒメ(戸崎圭太騎手)
「よくがんばっていました。トビが大きくて、切れるタイプではない感じです」