【3歳500万下】(中山7R)~ゲッカコウが勝利 [News]
2016/02/27(土) 16:05
中山7Rの3歳500万下(牝馬・芝1800m)は5番人気ゲッカコウ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒6(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気フィビュラ、さらに3/4馬身差の3着に1番人気クィーンズベストが入った。

ゲッカコウは美浦・高橋義博厩舎の3歳牝馬で、父ロージズインメイ、母チューベローズ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ゲッカコウ(松岡正海騎手)
「レースはスタート次第だと思っていたのですが、折り合いに課題のある馬で、ペースが遅かったこともあり、向正面から動いていきました。途中から行っても粘れる脚があり、行った方が勝算があると思っていました。今後距離が延びるのはいいと思います。結構やれると思うので楽しみです」

2着 フィビュラ(三浦皇成騎手)
「今日は馬がふっくらとしていて、道中もリズムよく行けました。最後は展開のアヤでした。よく最後まで差を詰めたと思います」

4着 リセエンヌ(蛯名正義騎手)
「3コーナーで他の馬に寄られたのが痛かったです。外から絞られ、内にも馬がいて、逃げるところがなかったです。あそこをスムーズに行けたらよかったです」

9着 カナスヌーマ(大野拓弥騎手)
「昇級緒戦で初めての芝でしたが、馬群にも入れましたし、動きは悪くなかったです。経験を積んで、競馬を徐々に覚えてくれたらいいと思います」