2016年の好スタートを切った穴ウンサーは!? [実況アナ!]
2016/02/26(金) 17:45
 2月も終わろうかというところで1月の主な万馬券を振り返ります。1月に出た100万超の万馬券とWIN5のレースの実況担当者は以下の通りです。

1月10日(日)京都・7レース 3連単250万1810円(実況担当・中野)
1月10日(日)中山・7レース 3連単241万8230円(実況担当・米田)
1月17日(日)中山・1レース 3連単105万4420円(実況担当・米田)
1月23日(土)京都・7レース 3連単220万4510円(実況担当・舩山)
1月23日(土)中山・初霞賞  3連単155万7320円(実況担当・中野)
1月23日(土)中京・西尾特別 3連複205万4860円(実況担当・大関)
1月24日(日)中京・1レース 3連単193万6090円(実況担当・大関)
1月30日(土)京都・1レース 3連単125万7870円(実況担当・佐藤)
1月31日(日)東京・2レース 3連単204万9490円(実況担当・小塚)

★1月5日(火) 中山金杯&京都金杯
 中山 10R(4番人気)・11R(3番人気)          ...中野アナ
 京都  9R(2番人気)・10R(6番人気)・11R(3番人気) ...檜川アナ
<払戻金> 561万1690円 

★1月10日(日) シンザン記念
 中山 10R(6番人気)・11R(3番人気)          ...米田アナ
 京都  9R(2番人気)・10R(1番人気)・11R(8番人気) ...中野アナ
<払戻金> 659万4970円 

★1月11日(月) フェアリーS
 中山 10R(9番人気)・11R(3番人気)          ...小林アナ
 京都  9R(1番人気)・10R(3番人気)・11R(1番人気) ...大関アナ
<払戻金> 61万150円 

★1月17日(日) 京成杯&日経新春杯
 中山 10R(5番人気)・11R(5番人気)          ...中野アナ
 京都 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...小塚アナ
 中京 11R(2番人気)                    ...小林アナ
<払戻金> 209万6020円 

★1月24日(日) 東海S&AJC杯
 中山 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...小林アナ
 京都 10R(6番人気)・11R(2番人気)          ...檜川アナ
 中京 11R(4番人気)                    ...山本直也アナ
<払戻金> 211万9250円 

★1月31日(日) シルクロードS&根岸S
 東京 10R(1番人気)・11R(1番人気)          ...山本直也アナ
 京都 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...小林アナ
 中京 11R(6番人気)                    ...檜川アナ
<払戻金> 23万4780円 

 まず2016年最初の月間MVPの発表です。残念ながら1月の月間MVPは「該当者なし」となりました。選考委員会では「どうもMVPというほどの人はいなかった」という声が態勢を占めていました。中野、米田、大関の3人のアナウンサーは100万を超える大万馬券を2度実況したものの、2つの払戻金を足しても400万前後だったのであまり評価されませんでした。
 次に2016年の「万馬券レース実況リーディング」です。今年最高のスタートを見せたのは檜川アナでした。檜川アナは、1月は42のレースを実況して、そのうち万馬券レースとなったのが36だったのです。打率8割5分7厘で首位です。「ナニワの巨砲」と知られている檜川アナは、どうも打率が低いことでも知られています。不思議とコンスタントに万馬券レースを実況することがなく、毎年のように下位に低迷してきました。はたして今年はどうでしょうか?今後の檜川アナに注目です。
 そして2位が8割2分5厘の山本直也アナ。3位は8割1分8厘の山本直アナです。山本直アナは、去年はリーディング最下位、殿となったのですが、今年は好スタートを切りました。最も若い山本直アナが今年どれだけ『穴ウンサー』として成長するのか楽しみです。その後は8割1分の私小林が続いています。一方、去年リーディングアナウンサーとなった中野アナは出遅れました。7割4分4厘という低打率です。はたして連覇なるのか?巻き返しに期待したいものです。
 さて、先週のフェブラリーステークスはいかがでしたか?3連単は万馬券となったものの人気の2頭で決まりました。去年のチャンピオンズカップと同じくM.デムーロ騎手とC.ルメール騎手でした。
 私は前日までモーニンを中心にした馬券を考えていました。人気だけどデムーロ&ルメールの1、2着裏表で買えばなんてことはない、とも思っていたのです。しかし、日曜日になって「同じ厩舎の2頭では人気のない方を狙う」ということに囚われてしまい、3番人気のベストウォーリアを中心として買ってしまったのです。ああ、今年も私は愚か者です。
 それにしてもM.デムーロ騎手には恐れ入ります。京都記念、京都牝馬ステークス、そしてフェブラリーステークスと重賞を勝ちまくり、今週の中山記念は2冠を制したドゥラメンテです。来週の土曜はチューリップ賞でジュエラーに騎乗の予定で、日曜の弥生賞は2歳王者のリオンディーズです。どれも勝ちそうな気が...。
 去年はJRAジョッキーとなった3月1日に阪急杯を制して、10ヶ月だけで重賞を11勝したM.デムーロ騎手。はたして今年はどれだけ勝つのでしょうか?M.デムーロ騎手が乗る馬は人気になってしまうでしょうから、万馬券愛好家としてはよろしくないのですが、今年はM.デムーロ騎手から素直に馬券を買えば損しないのかな、などと考えています。しかし、それでは素敵な万馬券をゲットすることは難しいでしょう。う~ん、たまにはあまり人気にならない馬に乗ってくれないですかね。