【中山記念】美浦レポート~イスラボニータ [News]
2016/02/24(水) 15:17
2月28日(日)に中山競馬場で行われる中山記念(GII)に出走予定のイスラボニータについて佐藤良児調教助手、蛯名正義騎手のコメントは以下のとおり。

・佐藤良児調教助手
「去年の秋は3着ばかりでした。いい状態だったのですが、枠順とかスタートでのことでうまくいかず、悔しい思いをしました。しかし、馬はよく頑張ってくれたと思います」
「前走後は牧場に出して、1月13日にトレセンに戻って来ました。こちらでは週2本ずつ追い切りをこなしています。今朝は蛯名騎手が乗ってウッドコースでの併せ馬でしたが、前に馬を置いてしまいをスーッと伸ばすイメージで、予定通りの調教でした。去年のマイルチャンピオンシップとまではいきませんが、休み明けとしてはいい状態だと言えます。去年と比べて体はそれほど変わってはいませんが、大人になってきたとは思います」
「今回の中山の1800メートルのコースは得意な距離と言えますし、器用な馬なので条件としてはいいと思っています。自分の競馬をして力を出してくれたら結果はついてくると思っています。ただ前走で出遅れたので、今回はうまくスタートをクリアして欲しいです」

・蛯名正義騎手
「今朝の追い切りに乗りました。休み明けですが、去年の中山記念の時とは動きが違います。ここまで順調です」
「前走のマイルチャンピオンシップは負けはしましたが、強い競馬だったと思います。ゲートについては練習して、やることはやっています。それでもレースになるとどうでしょう。レースではテンションが上がることもありますから」
「この馬は競馬での立ち回りがうまく、溜めれば前走のように脚を使います。今回はいいメンバーが揃いますが、いい競馬をして、次に繋がればいいと思っています」

(取材:小林雅巳)