【小倉大賞典】(小倉)~アルバートドックがイン強襲で重賞初V [News]
2016/02/21(日) 16:35
小倉11Rの小倉大賞典(4歳以上GIII・芝1800m)は2番人気アルバートドック(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒7(良)。アタマ差の2着に6番人気ダコール、さらに半馬身差の3着に5番人気ネオリアリズムが入った。

アルバートドックは栗東・松田博資厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー(母の父Unusual Heat)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アルバートドック(川田将雅騎手)
「松田先生とともに最後に戦うことができた重賞で、馬が先生の言うとおりにしっかり走ってくれて、嬉しく思います。指示どおり4コーナーまで内ラチぴったり、いいリズムで運べました。よく伸びてくれましたね。最後に大きな仕事をしてくれた馬に感謝します。先生の最後の重賞を勝つことができてよかったです」

2着 ダコール(小牧太騎手)
「勝ったと思ったのですが......。この馬場も苦にしていませんでしたし、流れも完璧に向きました。悔しいです」

4着 ケイティープライド(鮫島克駿騎手)
「折り合いもスムーズにつき、ロスなく立ち回れました。終いもしっかり反応してくれました。欲をいえば、もう少し追い出しを待っていればと思います」