【アメジストS】(東京)~アングライフェンが人気に応える [News]
2016/02/21(日) 16:00
東京10Rのアメジストステークス(4歳以上1600万下・芝2000m)は1番人気アングライフェン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒9(重)。1馬身1/4差の2着に11番人気ケイアイチョウサン、さらに4馬身差の3着に5番人気シャドウダンサーが入った。

アングライフェンは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母レッドスレッド(母の父パントレセレブル)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アングライフェン(C.ルメール騎手)
「やわらかい馬場、そしてペースがよく、今日はリラックスしていました。強かったですね」

2着 ケイアイチョウサン(柴田大知騎手)
「展開が向いたのかもしれませんが、うまくかみ合って、がんばってくれました」

3着 シャドウダンサー(M.デムーロ騎手)
「夏に乗ったときよりも馬がよくなっていましたし、がんばってくれました。距離は2000mがギリギリだと思います」

5着 ツクバアズマオー(吉田豊騎手)
「ゲートの中で、座るような感じになってしまいました。今日は位置取りの差ですね」

6着 ミエノワンダー(三浦皇成騎手)
「道悪は向いていませんから、今日はむしろがんばってくれました。パンパンの良馬場だったら、また違ったと思います」