【ヒヤシンスS】(東京)~ゴールドドリームがデビュー3連勝でV [News]
2016/02/21(日) 15:30
東京9Rのヒヤシンスステークス(3歳オープン・ダート1600m)は5番人気ゴールドドリーム(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(重)。2馬身差の2着に4番人気ゴールドドリーム、さらにアタマ差の3着に1番人気スマートシャレードが入った。

ゴールドドリームは栗東・平田修厩舎の3歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母モンヴェール(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドドリーム(田辺裕信騎手)
「一戦目、二戦目とゲートを出ていませんでした。流れに乗りたいと思っていましたが、いいスタートを切れましたし、いいポジションをとれて、じっくりと運べました。早めに来る馬がいて、惑わされそうなところはありましたが、直線まで我慢した甲斐があって、最後まで走り抜いてくれました。いい馬だと聞いていて楽しみにしていましたが、聞いていた通りでした。今後も楽しみです」

2着 ストロングバローズ(戸崎圭太騎手)
「行く馬が多かったのでどうかと思っていましたが、揉まれない位置につけられました。最後も盛り返してくれています」

3着 スマートシャレード(C.ルメール騎手)
「まだ少し若いです。1600mは忙しかったのですが、最後はよくがんばってくれました。とてもいい馬ですし、さらによくなると思います」

4着 ケイティブレイブ(勝浦正樹騎手)
「いい馬です。ロスのある枠で、早めに来られて厳しい競馬でした。動かざるをえない展開でしたが、このメンバー相手によくがんばってくれました」

5着 ラニ(武豊騎手)
「レースは今までよりも真面目に走ってくれました。3コーナーからの反応がよく、まくっていったのは作戦でした。いい形になりました。バテてはいないのですが、伸び負けした感じです。レースを使っていった方がいい馬で、間隔もあいていましたからね......」

6着 レガーロ(M.デムーロ騎手)
「忙しかったです。スタートはよかったのですが、そのあと狭くなってしまいました。スペースがありませんでした」