【フェブラリーS】栗東レポート~モーニン [News]
2016/02/17(水) 18:13
 21日(日)に東京競馬場で行われる第33回フェブラリーステークス(GI)に出走するモーニン(牡4、栗東・石坂正厩舎)について、共同会見での関係者のコメントは以下の通り。

●モーニンについて石坂正調教師
「根岸ステークスは勝たないとフェブラリーステークスに(出走が)つながらないレースでしたが、勝ってくれて良かったです。前を見ながら運んで、かつ後ろから見られながらも勝ってくれましたから、強いなと感じました。

 デビューから1戦1戦、クラスが上がっても連勝してくれて思った以上に強いなと感じましたね。4連勝はなかなか出来ない事ですから。根岸ステークスの時に馬体が増えていた(プラス10キロ)のはほぼ成長分でしょう。この中間もGIに向けて逞しさを保っていますし、良い状態ですね。

 今度はマイル戦で、実績があると言ってもやってみなければ分からない部分はあります。一線級のメンバーと対戦するのも初めてですし、どんなものかな...とは思っています。

 今朝は坂路で、終いを伸ばす感じの追い切りをしました。ラスト1ハロンも11秒8で良い動きでしたから、いい調整ができたと思います。中2週ということを考えて単走にしましたし、これで十分でしょう。今回もさらにクラスが上がりますから、挑戦者として思い切った競馬をしたいと思います」


●モーニンについてミルコ・デムーロ騎手
「(今年最初のGIが迫って)早いですね(笑)。全部勝ちたいですね。頑張りたいです。モーニンには初めて乗りますが、良い馬に乗れるのでとても嬉しいです。東京でルメール騎手が乗って勝った時(秋嶺ステークス)、他の馬に乗って見ていましたが、強いなと思いました。

 ずっと乗ってみたかった馬で、とてもパワーがあります。前走で重賞を勝っていますし、自信を持って乗りたいですね。どんなペースになるか、どの枠になるかはまだ分かりませんが、先生ともこれから話し合って研究したいと思います。

 フェブラリーステークスはまだ勝ったことがないですし、勝ちたいですね。チャンスですし、今年最初のGIを勝てるように頑張ります」

(取材:大関隼)