【こぶし賞】(京都)~ヒルノマゼランがゴール前で抜け出す [News]
2016/02/14(日) 15:42
京都9Rのこぶし賞(3歳500万下・芝1600m)は1番人気ヒルノマゼラン(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒6(重)。半馬身差の2着に7番人気アドマイヤロマン、さらに1馬身半差の3着に4番人気ルグランフリソンが入った。

ヒルノマゼランは栗東・昆貢厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母イントゥザライト(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヒルノマゼラン(古川吉洋騎手)
「まだ走りがフワフワしているのですが、それで押し切ってしまうのですから力があります。素直で乗りやすい馬です」

3着 ルグランフリソン(小牧太騎手)
「馬場もそうですが、距離も少し合わない感じでした。それに前々のレースより前回のようにじっくり行った方がいいのかもしれません」

4着 トレジャートローヴ(池添謙一騎手)
「ゲートの中ではおとなしかったのですが、スタートで遅れてしまいました。最後は脚を使って追い上げているだけに、ゲートがよくなってくれればと思います」

5着 サトノマルス(川田将雅騎手)
「馬が成長して、いいレースができています。今日の結果は馬場に尽きます」

6着 フォーアライター(福永祐一騎手)
「スタートはよかったのですが、馬場を気にして前へ進んでいきませんでした。それでも最後はジリジリ来ているのですが、4コーナーで躓くところもありましたし、今日の馬場はこなせる感じの馬場ではなかったですね」