【3歳500万下】(東京6R)~アルーアキャロルが勝利 [News]
2016/02/14(日) 13:51
東京6Rの3歳500万下(ダート1600m)は1番人気アルーアキャロル(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒8(稍重)。3馬身半差の2着に2番人気ストロボフラッシュ、さらにクビ差の3着に8番人気ネコダンサーが入った。

アルーアキャロルは美浦・新開幸一厩舎の3歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母タバスコキャロル(母の父トニービン)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アルーアキャロル(大野拓弥騎手)
「今後のことを考えて、今日はじっくり構えていきました。初戦と違って、抜けてからもしっかりとしたいい走りをしていました。まだまだこれからの馬ですが、これからは距離が延びてもいいように調整していきたいです」

2着 ストロボフラッシュ(C.ルメール騎手)
「よくがんばっていました。しかし、この距離は長すぎたようです。1400mか1200mの方がいいと思います」

3着 ネコダンサー(石橋脩騎手)
「よかったと思います。先行力のある馬ですが、今日はためるつもりで行って、最後ももうひと脚を使って2着もあるかなという感じでした。ダートも問題なく、むしろ芝よりもいいように思いました」