【帆柱山特別】(小倉)~フィドゥーシアが好位から抜けて3勝目 [News]
2016/02/13(土) 16:20
小倉11Rの帆柱山特別(4歳以上1000万下、芝1200m)は2番人気フィドゥーシア(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒6(稍重)。アタマ差2着に5番人気エルカミーノレアル、さらに1馬身1/4差で3着に9番人気スマートカルロスが入った。

フィドゥーシアは栗東・松元茂樹厩舎の4歳牝馬で、父Medaglia d'Oro、母Believe(母の父Sunday Silence)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 フィドゥーシア(吉田隼騎手)
「周りの馬が速く、控える形のレースでした。直線はいい感じの手応えで向きましたが、気の悪いところを見せてフワッとする面を見せて、ラストは詰め寄られました。開幕週の馬場と内枠も良かったと思います」

2着 エルカミーノレアル(川須騎手)
「絶好枠から道中いい感じで運べたのですが、直線に向くところで気を抜く面を見せました。そこで勝ち馬から離されたのが痛いですね。ラスト詰めているだけに悔しいですね」

3着 スマートカルロス(加藤祥騎手)
「前走でいいところを見せてくれましたし、今日も久々ながらいい脚を使って能力を見せてくれました。このクラスも十分通用します」

4着 コウエイタケル(田中健騎手)
「ゲートは出ましたが、下を気にしてか、いつもより1列後ろからのレースになりました。それを考えたらラストはよく伸びて頑張ってくれました」