【銀蹄S】(東京)~ノウレッジが逃げ切りV [News]
2016/02/13(土) 15:55
東京10Rの銀蹄ステークス(4歳以上1600万下、ダート1400m)は2番人気ノウレッジ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7(良)。2馬身1/2差2着に13番人気プラントハンター、さらにアタマ差で3着に11番人気グラスエトワールが入った。

ノウレッジは美浦・二ノ宮敬厩舎の6歳牡馬で、父Street Sense、母チャリティークエスト(母の父Coronado's Quest)。通算成績は24戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ノウレッジ(蛯名騎手)
「ゲートを普通に出てくれればと思っていました。今日はいい形でマイペースで行けました」

2着 プラントハンター(勝浦騎手)
「ゲートを出ましたし、今日は流れに乗れました。終いも反応してくれましたし、この馬の力を出せたと思います」

4着 ビッグリバティ(石橋脩騎手)
「ギリギリのところで我慢して、今日はこういう形でもしっかり走れました」

6着 トーセンマイティ(ルメール騎手)
「2番手で、砂を被らず行くのが理想でしたが、前に行けませんでした。ペースが遅かったですし、砂を被るのは良くないです」

9着 ミヤジマッキー(M.デムーロ騎手)
「いいスタートからいい位置につけられましたが、最後、伸びませんでした」