【京都記念】栗東レポート~タッチングスピーチ [News]
2016/02/10(水) 16:51
☆2月14日(日曜日)京都競馬場を舞台に行われる第109回京都記念(芝2200m サラ4歳以上オープン GII)に出走を予定しているタッチングスピーチについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎タッチングスピーチについて、福永祐一騎手

・騎乗予定でしたた浜中騎手のアクシデントで手綱を託していただくことになりました。この馬についてはデビューから跨っていましたからどんな馬かは分かっています。乗りやすく注文のつかない馬です。

・もともと調教駆けをする馬ですが、今朝の追い切りはいい形で出来ました。タイム、動きそのものも良かったと思います。

・とにかくデビュー当時から比べると体の幅が全然違います、昨年夏の時点でかなりガッチリしていましたがまるで別の馬になっているようです。

・現在、後ろからのレースが続いていますがこの馬はスタート次第でどんなレースでも出来るタイプの馬だと思います。ただ今はスタートが、ゆっくりになっていますからあの位置からのレースになっているのでしょう。

・古馬牝馬の一線級との対戦になったエリザベス女王杯は勝っていてもおかしくないレースぶりでしたから今回も楽しみですね。とにかく瞬発力の高さとともに操縦性の非常に高い馬。いきなりチャンスのある馬の依頼をいただいたわけですから、何とか結果を出したいですね。

取材:檜川彰人.