【共同通信杯】美浦レポート~ハートレー [News]
2016/02/10(水) 16:41
14日(日)に東京競馬場で行われる第50回共同通信杯(GIII)に登録をしているハートレー(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)について、手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(2戦2勝の内容を振り返って)
「11月の初めにデビューさせてもらい、こちらが思った通りの強い競馬をしてくれました。2戦2勝、それにホープフルステークスという大きなレースを勝たせてもらって、嬉しかったと思います。
 デビュー戦が本当に良い内容で勝ってくれて、その時に乗ったムーア騎手も、結構良い線まで行きそうなレベルの馬だよと話をしてもらいました。使った後の馬の状態もすごく上がったので、馬のポテンシャルの高さに期待して、あえて格上挑戦という形で、あれだけ強いメンバーにぶつけました。本当によく勝ったなと思います」

(前走後の調整について)
「年明けに、2週間ノーザンファーム天栄へ放牧に出して、先々週戻ってきました。今回は中6週ということだったので、向こうでもそんなに緩めずに、休まずしっかり乗っていました。こちらに戻ってきてからもすぐに時計を出せたように、簡単なリフレッシュだけで済みました。馬はしっかりしていて、休み明けという感じではありません」

(最終追い切りについて)
「3頭併せの真ん中でした。他の2頭もしっかりと動く馬なので、最後は3頭並んで来てほしいという話はさせてもらいましたが、前半のペースが遅く、追い付くのが早かったです。ただ、3頭とも良い動きで、特にハートレーは良い動きでした」

(鞍上予定の横山典弘騎手とはどんな話を?)
「さすがに良い馬だねという話はしてくれました。ただ、まだ完成されていない部分がたくさんあるので、伸びしろといったところもこれからあるんじゃないかと言っていました。そんな中でも、こうやってレースを勝ったり、2戦2勝だったりしているので、持っているポテンシャルは凄いねという話はしていました。
 あれだけのジョッキーなので、ああ乗れこう乗れと言っても、なかなか乗ってくれないと思うので、任せてもいいのではないでしょうか」

(今回の舞台について)
「課題は、過去2走が2000mで、今度は1800mで1ハロン距離が短くなるというところです。そこへの対応と、2戦ともスタートが遅かったので、スタートの練習はあえてしていないのですが、少しでもゲートを普通に出てくれればいいかなと思っています。
 体重的にはほとんど変わっていないかと思います。精神面は、デビュー戦を勝った後、かなり前向きさが出てきたので、ホープフルステークスが終わった後の追い切りでも、キャンターの降ろし駆けでも飛び跳ねていたのですが、自分で走ろうという意思は、一走一走良くなってきていると思います。
 中山だと1800mはトリッキーな形になってしまうので、少し嫌だなと思っていましたが、東京の1800mなので、そこまでは気にしていません。ただ、スタートだけはテーマの一つとして考えていきたいです。
 ホープフルステークスの時もそうだったのですが、骨っぽいと思います。重賞ウイナーもいますし、2勝馬もいますし、決して楽な相手ではないと思います。
 おかげ様で賞金はある程度あるので、クラシックは出られると思いますが、しっかりと結果と内容を残して、本番に向かいたいです。
 レース当日はバレンタインデーなので、ハートレーという名前もなかなか粋かなと思っています。ファンの皆様に良いプレゼントが届けられるようにと思っていますので、応援して下さい」

(取材:米田元気)