【メイクデビュー】(東京3R、5R)~シュナウザー、ラヴィエベールが勝利 [News]
2016/02/07(日) 13:54
東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は2番人気シュナウザー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒4(良)。半馬身差の2着に1番人気ダノンフェイス、さらに7馬身差の3着に3番人気タイセイラナキラが入った。

シュナウザーは美浦・久保田貴厩舎の3歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母オフジオールドブロック(母の父A.P. Indy)。

~レース後のコメント~
1着 シュナウザー(戸崎圭太騎手)
「いいフットワークでセンスのいい馬です。素軽さもありますし、まだまだよくなると思います」

2着 ダノンフェイス(大久保龍志調教師)
「ハナに行く形になりましたが、前に馬を置きたかったです。直線でムチを入れたときも外へ動くなど、まだ課題があります」

3着 タイセイラナキラ(S.フォーリー騎手)
「距離が少し長かったかもしれません。スピードがありますし、根性もあります。最後少し脚がにぶったのは距離のような気がします。芝も大丈夫ですが、ダートなら1400mくらいの方がいいと思います」

4着 グラスレグナム(吉田豊騎手)
「砂をかぶっても大丈夫でしたし、よくがんばっています。これからもっとよくなってくると思います」

5着 グレートエンパイア(勝浦正樹騎手)
「まだレースに集中できていないところがあります。がんばっていますし、いい走りもしていますが、競馬で悪いところを出さなければ、よくなると思います」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は3番人気ラヴィエベール(杉原誠人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒7(良)。半馬身差の2着に4番人気カルヴァリオ、さらに3馬身差の3着に5番人気キセキノケイフが入った。

ラヴィエベールは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母コケレール(母の父Zamindar)。

~レース後のコメント~
1着 ラヴィエベール(杉原誠人騎手)
「ずっと追い切りに乗っていて、いい雰囲気を感じていました。まだ子ども子どもしているので、レースでどうかと思いましたが、実戦の方がよかったです。スタートはいいし、ぶつけられてもひるまず、最後までしっかり走っていて、何も注文はありません。まだ体に余裕があるのに勝てたのは能力の高さだと思います」

2着 カルヴァリオ(大野拓弥騎手)
「勝ちパターンで、伸びてはいるのですが......」

3着 キセキノケイフ(丸山元気騎手)
「稽古と同じで、右に張っていました。距離はマイルの方がいいかもしれません」

6着 レッドアルソード(柴田善臣騎手)
「ゲートでは我慢がきいていました。スタートしてすぐに走りがバラバラになってしまいましたが、トモがはまってからは行儀よく走っていました。これからです」