【初音S】(東京)~シャルールが直線抜け出して3連勝 [News]
2016/02/06(土) 16:48
東京10Rの初音ステークス(4歳以上1600万下・牝馬・芝1800m)は2番人気シャルール(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒8(良)。2馬身差の2着に5番人気リラヴァティ、さらに1馬身差の3着に1番人気マローブルーが入った。

シャルールは栗東・松永幹夫厩舎の4歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母グレイトフィーヴァー(母の父Kaldoun)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 シャルール(松永幹夫調教師)
「去年の秋ごろから飼い葉を食べるようになり、結果が出るようになってきました。今日はよく我慢していましたし、これで晴れてオープン馬になりました。次は未定ですが、牝馬限定戦に行きたいと考えています」

3着 マローブルー(C.ルメール騎手)
「休み明けの分、ラスト150mで脚色が鈍りました。次はよくなってくると思います」

4着 ボンジュールココロ(田辺裕信騎手)
「年齢を重ねてズブくなってきましたし、距離を延ばして、終いを伸ばす競馬を試してみました。それがよかったのだと思います。がんばっています」

6着 アンドリエッテ(松岡正海騎手)
「出遅れは流れを考えれば悪くはなかったのですが、直線では左にささっていました。ゲートでイライラしていましたし、自分で盛り上がってしまうところがあります」

8着 インナーアージ(S.フォーリー騎手)
「道中はいい感じでしたが、思ったほど伸びなかったのは少し忙しいからだと思います。もう少し距離があって、ゆったり追走する方がよさそうです」